ライブ配信・録画配信に対応

コロナ禍にあって、劇場のあり方を見つめなおす時間が続きます。
観客を入れてこその上演が当たり前だった空間に、観客を入れることが困難(あくまでもイメージにより敬遠され)となり、上演団体も不採算で上演するリスクを負えず、公演控えに陥っていますが、感染対策は施設側、上演側、観客側で意識して取り組むことではありますが、仮に感染者を出した場合を考えると、より過敏になってしまうのは、致し方ないのかもしれません。
漸く最近になって、演劇公演、俳優のコロナ禍で苦しんでいる状況を報道するようになってきましたが、弊社のような、民間小規模興行場の置かれている状況は、まだまだ話題にもなりません。
多くのイメージとして劇場は、公営または大手企業による運営の大規模ホールがほとんどであると思われているのでしょう。
小さい劇場でも、何某かの資本が入って、維持されているのだろうと思われているのではないでしょうか。
しかし、現実はそうでもありません。
小劇場という施設は、必ずしもそうではなく、弊社も零細企業1社での運営です。
従いまして、その他の中小零細企業同様、かなり厳しい状況下で、維持するしかないのですが、収益が絶たれる中でも、何とかやりくりしながら、感染対策の改修等を実施し、更に今回のように動員が見込めない上演に対応するべく、配信設備環境を整えなければなりませんでした。
実はこのコロナ禍以前から、配信環境を整えることは計画していたため、少しずつ進めてきた機材導入、通信環境整備がこの機会に投資する額が巨額にならずに済んだというのもあり、この時期にシステム構築できました。

実際、提供できるシステムは、高品位の映像と音声を収録、配信でき、劇場の空間を生かした作品を観ていただくことができるでしょう。
停滞している小規模演劇を何とか上演できる環境づくりにつながればいいと思っています。

何れ観客が動員できる時期が来るでしょうが、それまで劇場が存続できないなんてことが現実的に見え始めています。
それほど、小さな文化事業には、国も自治体も目を向けてはいないのです。
だからと言って指を咥えて待ってるだけでは何も起こりませんし、感染リスクを冒して無謀な上演をするのもいかがなものかと思います。
だから、今は、今できる演劇上演を模索するしかないのです。

それが、弊社にとっては、劇場で映像でも魅せられる演劇公演を配信することなのです。
そして、いずれは、再び劇場に足を運びたいと思っていただけるように魅力的な作品を創出し続けることなのです。

この難局にあって、本来の演劇が、劇場と上演団体、そして観客が一体となって作品を作り上げることを再認識できましたし、それがわかっている団体が生き残っていくのだと信じています。

年末に同システムを使用して、サンプル動画を収録して、YouTubeにて公開しています。

1月2月はデモンストレーションできるよう、配信機材を設置しています。
実際の環境を見て、触ってみることができます。
ご興味がございましたら、お問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*